今後の展望

「『日本一の靴作り』に挑戦し続ける」
  「人の生命は限りがある。会社の生命を永遠のものにして次の時代のための礎となろう」が当社の社訓であり、長期安定的な企業価値の向上を目指しております。この実現のため、これまで築き上げ、蓄積してきたヒラキの強み(靴の商品力=価格、品質)をより強くしていきます。
 ヒラキの最大の特長は「安さ」であり、そこにお客様より支持、期待をいただいております。よって、多くの方に気軽に履いていただける靴(価格と品質の両面で満足いただける靴)を開発し続けることが、ヒラキの存在意義であるとの認識を持ち、今後も靴の商品開発を強化していく方針であります。

社訓

 また、強みの靴に関わる業務を事業化することや、靴に関連した事業を行ってきた結果生まれきた財産を活かした事業を行うことで、収益の多様化と収益力の向上を図り、当社の特長である「安さ」を実現し続ける体制を作り、長期安定的な企業価値の向上を実現してまいります。
 「会社は100%お客様のためにある」。お客様に必要とされるということは、世の中に必要とされることであり、つまりは「会社は100%世の中のためにある」ということを、真剣に考えて日々取り組んでいます。世の中から、お客様から、社員から、必要とされる「価値」を生み続けることが会社の使命であり、ヒラキはその精神を研ぎ磨き続けることこそ、存在意義があると思っております。会社がどんなに大きくなっても、その思いを忘れずに、さらに強い会社、潰れない会社を目指していく。これを実現するために、『日本一の靴作り』に挑戦し続け、幅広いお客様に「驚き」と「楽しさ」「満足感」をお届けしていきたいと考えています。

経営理念